« Target 3001! による基板発注の基本的流れ | トップページ | レーザーセンサーがちょっとかっこいい!! »

個人でもいけそうなプリント基板メーカーリスト(リンク集)

プリント基板メーカーのリンク集

ものすごく国際的なリストになりそうだ。実際に発注したことがあるのは、custompcbだけです。ホームページをみての感想を書いていますのでその点、注意してください。もちろん内容は無保証です。

Olimex (http://www.olimex.com/pcb/index.html) ブルガリア

価格

片面 160 x 100 mm 26 US$ (ソルダーストップ・シルク含む)

両面 160 x 100 mm 33 US$ (ソルダーストップ・シルク片面含む)

デザインルール

ライン ギャップ 8/8 mil ただし、納期15日。 10/10 mil ならば3-5日

シルクスクリーン 10mil

送料

国際航空郵便で6ドル(5-14日?)

納期

5日(デザインルール 10 mil)

支払い

注文フォームがPDFファイルで送られてくるのでカード番号を書いてFax。

コメント

実際に使ったことはないです。

が、アマチュアではもっとも有名。シルクスクリーンの幅が10milより細いと追加料金とか、ドリルも標準ドリル以外を使うと1.5US$追加など、コストダウンのための制約が厳しい感じがする。ルールに一発であわせることができるようになるためには、ちょっと工夫が必要そう。裏返しにならないように、欄外に文字を書いておかなくてはいけないというルールもあるらしく、こうしたルールをマスターするのが大変な気がする。

ただし、このルールにさえなれてしまえば、たぶん、世界でもっとも安い基板屋さんのひとつになる。

EagleではOlimex用のマクロがたくさん配布されている。私の愛用するTarget 3001ではマクロ機能がなさそうなのでちょっと大変。

custompcb (http://www.custompcb.com) マレーシア

価格

両面 5.5inch x 4 inch (139.7 mm x 101.6mm) 2枚で 38US$ (シルクなし・ソルダーストップなし)

両面 5.5inch x 4 inch (139.7 mm x 101.6mm) 2枚で78US$ (シルクあり・ソルダーストップあり)

送料

Fedex で10$ (国内配達は日通さん) 2-3日で届く

納期

5日

支払い

PayPal風な支払い方法

コメント

実際につかってみました。http://club.cocolog-nifty.com/devil/2006/07/post_9ec9.html

ドリルは10種類という制限があるだけで、ぴったり径をあわせなくても手持ちのドリルにあわせてくれます。Fedexで送ってくれることもあり、発注から10日前後で届いてしまいました。

シルク・ソルダーストップが高いこと、パネライズが別料金(1ファイル追加で8ドル、切り取り1につき 0.5$)が悩ましいですが、シルクなどをあきらめれば、納期が早いこと、ドリルに制約が少なくファイルチェックでエラーになりにくいことなどが魅力的だと思います。

とくに送料がFedexで10$というのは驚異的。九州から東京へ注文するのとかわらないかもしれません。

PCB Online(EZPCB) http://www.pcbonline.org/ 中国(北京?)

価格

両面 100cm^2 以下 5枚で 50$ (ソルダーストップ・シルク含む。シルクはもしかしたら両面OKかも)

参考: http://netsynth.org/forum/index.php?topic=135.msg431

デザインルール

ライン ギャップ 10/10mil? 8/8mil?

シルクスクリーン 7mil?

送料

EMSで20$  (2-3日?)

納期

7日

支払い

PayPal

コメント

ぐぐってみると、スパムメールとか、コメントスパムとかしまくっているみたいで、その企業風土がいささか疑問に感じる。

たくさんつくったり、両面シルクがほしかったりするときには非常に魅力的な価格設定になっている。ファイルはガーバーファイルしかうけとらない。Eagleで送ると追加10$とられるので注意。

プリント基板センター ピーピー (http://pcb-center.com/) 日本

価格

Olimexと比較するために、両面 160 x 100 mm デザインルール 0.25mm(10mil)で計算してみたら、1枚納期5日で 24,287円らしい(参考価格)。

最安値はどういう条件か不明なれど、14,999円かららしい。

デザインルール

いろいろ選べそうだけれども、価格に影響がありそう。

送料

東京で 525円、北海道沖縄で1050円

納期

5日が標準で、特急コース1日もお金があれば選べる。

支払い

振込み・ 代引き・クレジットカードなどに対応。

コメント

たぶん1枚だとお高くなる。たくさん作るならば、国内の安心さというのがあると思う。また配送時間も含むと一番安いコースでも海外へ発注するのとくらべると短納期になりそうだ。

 PCBCART(http://www.pcbcart.com/) 中国(杭州)

価格

オンラインでどんな大きさでもみつもってくれるけれど、ためしにOlimexと同じユーロカードサイズ(100mm x 160mm)を見積もった。

8日納期で28.24$、 15日納期で25.67$ + Setupコスト 46$

ああ、このSetupコストが痛い。

デザインルール

ライン ギャップ 0.2mm/0.2mm = 8mil/8mil 

シルクスクリーン ?

送料

DHL/UPS/FEDEX/郵便と選べる(がオンラインでは郵便は選べない)。DHL/UPS/FEDEXではだいたい20$ぐらいみたい。

済通貨もドルとユーロから選べる。

納期

両面で9日。または16日(16日を選ぶと1割ぐらい安い) 。リードタイムは稼働日ではなくて、カレンダー日を基本としている。ただし発送が土日はできないようでその点注意。

支払い

PayPal ・カードなど。PayPalがお勧めらしい。

コメント

Eテストも行ってくれるらしい。注文してみないとわからないけれど、郵送にかかる時間は中国のほうが近いので早いだろうから、納期8日(カレンダー日)は、Olimexの納期5日(稼働日)とほぼかわらないのではなかろうか?

Eagleのファイルも直接うけとってくれるし、(Tagetはだめみたい)、ドリルも0.4ミリから(もっと小さいのも選べるけれど別料金)5ミリぐらいまで選べるし、日本からだとここ、最強かもしれない。

オンラインメニューから通常の4倍厚の140ミクロンの銅板をえらべるのがいい。2倍厚の70ミクロンぐらいまでは ピーピープリント基板センターでも、ピーバンドットコムでもやっているけれど、4倍厚はなかなかない。

さらに、1ドルぐらいコストかかるみたいだけど、ソルダーマスクの色も選べる。

140ミクロン回路で、赤の基板なんて、オーディオ屋さんは大喜びではないだろうか?ユーロカードサイズ(160x100)で一枚39.86$(緑マスク)、40.21$(赤マスク)+セットアップコスト(46ドルぐらい)と10ドルちょっとUpするけれど、決して高くないと思う。

これで品質、納期、配達ルート、コミュニケーションなど問題がなければ、秘密にしておきたいぐらいのメーカだと思う。

8月17日にちょっとボードを発注してみたけれど、PCB-CARTの名前のとおり、アマゾンのカートに入れるのノリでPCBが注文できた。なかなかすばらしい。あとは完成を待つのみ。

8月18日 Processed(処理中)から、データの確認がおわりConfirmed(確認済み)にステータスが変わった。この段階でリードタイム16日が決定。9月2日工場発送予定みたい。リードタイム16日といっても忙しかったらほかの仕事やるよという意味でしかないだろうから、おそらくもっと早くくるのではないだろうか?と期待している。

8月28日 Delivery(配達中)にいきなり変化!!リードタイム16日は、べつにじっくり作るという意味じゃないのは予想していたけど、思いのほか早く出荷されてちょっとうれしい。現在DHLで輸送中。中国からはどのぐらいでつくのかな?

8月31日 到着(だけど不在で結局9月2日に再配達)。佐川急便さんが届けてくれました。届いたパッケージは、DHLの薄いビニール袋にはいっていました。そのかわり基板は、乾燥剤をいれた状態でプチプチで真空パックされてきれいに梱包されています。かなり品質も高そうに見えます(プロの目からみるとわかんないけど)。シルクスクリーンもかなり細い線でもOKみたいです。

完成基板はこちら。

プリント基板センター ピーピー (http://pcb-center.com/) 日本

価格

Olimexと比較するために、両面 160 x 100 mm デザインルール 0.25mm(10mil)で計算してみたら、1枚納期5日で 24,287円らしい(参考価格)。

最安値はどういう条件か不明なれど、14,999円かららしい。

デザインルール

いろいろ選べそうだけれども、価格に影響がありそう。

送料

東京で 525円、北海道沖縄で1050円

納期

5日が標準で、特急コース1日もお金があれば選べる。

支払い

振込み・ 代引き・クレジットカードなどに対応。

コメント

ピーバン ドット コム(http://www.p-ban.com/) 日本

価格

Olimexと比較するために、両面 160 x 100 mm デザインルール 0.25mm(10mil)で計算してみたら、5日コースで、26820円(1枚)。5枚で27650円。10枚で32300円。

デザインルール

0.125mm(5mil?) 最小穴 0.3mm

送料

東京で 525円、北海道沖縄で1050円

納期

5日が標準。早いのも選べる。

支払い

個人は代引きのみ。

コメント

5milのデザインルールとか、全数Eチェックとか非常に高品質な印象をうける。 またたくさん頼めばそれなりに割安になってくるので、大量配布しようとおもう自信作の製作には向いているかもしれない。

また、独自のCADが無料で使えるのもうれしいかもしれない。

|

« Target 3001! による基板発注の基本的流れ | トップページ | レーザーセンサーがちょっとかっこいい!! »

コメント

olimex以外もこんなにあったとは!
参考になりました
PCBCARTも発注されたということで、続報にも期待しております

投稿: 西瓜 | 2006年8月20日 (日) 午後 11時05分

EAGLEのファイルそのまま出したいという
縛りをなくして、ガーバーファイルで発注かければ
ずいぶんいろいろあるみたい。

僕は、TARGET3001!とちょっとマイナーなのを
つかっているのではじめからガーバファイルじゃないと駄目なので、しらべたらいろいろあることがわかりました。

PCBCARTは9月2日に工場出荷予定みたいです。
Webで注文すると、「受付中」→「確認済み」と処理ステータスがチェックできるのがすばらしく安心感があって気に入っています。
(セットアップコストが大きさにもよるけど30ドルから40ドルぐらいかかるのがつらいけど、あとはいまんとこ満足です)

また基板が届いたら記事をUpdateしますのでよろしく。

投稿: 康武 | 2006年8月21日 (月) 午前 09時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48992/11344946

この記事へのトラックバック一覧です: 個人でもいけそうなプリント基板メーカーリスト(リンク集):

« Target 3001! による基板発注の基本的流れ | トップページ | レーザーセンサーがちょっとかっこいい!! »